mensfashionshinando

(0件)
  • 175cm
  • -
  • men
  • -
  • スタイリスト

チャット料金 : 一文字5 円

7月19日

告白します わたしはスーツを持っていません ではどうやって「真っ当な勤め人」になるか 「真っ当な勤め人」といえば、やはりネクタイです(短絡的)。 ネクタイさえしていれば世間様は認めてくださいます(んな訳ねーだろ) そんな訳で(どんな訳だよ)(なぜか今日は爆問ぽい)、今日はネクタイを主役にしたコーデをご提案いたします(#もりそうgrf さん、見てますか?) まず選んだのは赤のニットタイ。季節を問わずに使えます ネクタイをするためにはどうしてもシャツが必要です。「真っ当な勤め人」といえばホワイトシャツです。しかし、私はスーツ同様、世間様の言うワイシャツ、ホワイト1色のシャツは持ってないので、首と袖の2カ所のカラーのみ白のグレイのシャツを選びました。これなら上に何か羽織ればワイシャツに見えないこともない(マジかよ) で、羽織ものとして白のライダースジャケットを選びました。素材はケミカルレザー。これなら革ジャンと違い、初夏の今の季節でも暑苦しく見えません。 そしてボトムはこれまた頻出気味の白のテーパードデニム。これでちょっとはスーツっぽく見えるでしょう キチンと見せるためにシャツの裾はタックインしなければなりません。そこでどうしても目立ってくるのはベルトです。 ここではジャケットと色も素材感も合わせました ネクタイに赤をチョイスしたので、小物も一切合切赤にしました。 赤のスリッポン、赤のクロコ柄型押しトートバッグ。 全体で赤2:白8くらいの比率になりました。 名付けて【レッドクロスコーデ】(赤十字コーデ)(ダッセー) さあ、これで私も「真っ当な勤め人」の仲間入り。堂々とお天道様の下を歩けるというものです(大丈夫かコイツ)(最後まで爆問田中氏)

着用アイテム

  • トップス
    : 不明
  • ボトム
    : ユニクロ