米国で映画史を専攻し、年間400本以上の映画を見る私の主観でHuluで見れる映画を厳選してみました。

マニアックなものから、家族や友人と一緒に楽しめるような万人受けするものまで、様々なものを集めてみました。

Crank
何を見るべきかわからない人は必見です。

Hulu(フールー)ってどんなサービス?

日本のHuluは事業主である日テレと連動したオリジナル映像を配信することが多いです。

月額料金933円(税抜)と他の配信サービスと比べて少しお買得になっています。

他の動画配信サービスとは全く配信のラインナップが違うため、私はネトフリ + Huluもしくは、アマプラ + Huluのように、いつもひっついてくる感じです。

まだ登録していない人はぜひ登録してみてくださいね

それでは映画紹介にまいりましょう!

ビング・リューが制作したこのドキュメンタリーは、まさにスケートボードへのラブレターです。

しかし、もう少し深く掘り下げてみれば、ストーリーに広大な奥行きが見えてきます。21世紀のアメリカで成長する若者たちを描いた、豊かで思慮深い物語は、家庭内のトラウマ、構造的人種差別や階級差別などをテーマにしています。

スケートパークを超えて世界中の若者に共鳴する作品素晴らしいです。

ノマドランド

クロエ・ザオ監督の『ノマドランド』は、映画祭で数々の賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされた大作です。

故郷を離れてアメリカ西部を旅する女性(フランシス・マクドーマンド)を描いた本作は、幻想的で魅力的であり、監督、編集、脚本の全てを担当したザオは、相変わらずの必殺仕事人であると大きく関心させられます。

さらにさらに、脇役も含む全てのメンバーは、実在の旅人たちなのです。それは演技はリアルでまるで自分がアメリカを旅しているような気持ちになります。

天才監督のマスターピースとも言える一作、これは必見です。

パーム・スプリングス

『Palm Springs』は、THEインディーズ映画です。

ラブストーリーの中にあるSF的要素をより深いアイデアを伝えるためのツールとして活用し、恋と奇跡の2点の融合を完璧なものにしています。

クリスティン・ミロティとアンディ・サムバーグが演じるサラとナイレスは、結婚式で出会った見知らぬ2人で、タイムループなどの様々な奇想天外な不思議なループにハマってしまいます。

彼ら自分自身の弱みを乗り越えることにループから脱出する突破口があるようです。パーム・スプリングスは、SFや恋愛が好きな方はマストで見るべき映画でしょう。

リトル・モンスターズ

ゾンビ、オーストラリアの奥地、そして陽気な子供たちのスクールバスという組み合わせは、最悪の結果を招くことが予想されますよね?

幼稚園教諭のキャロライン先生(ルピタ・ニョンゴ)は、子供たちの安全を確保しながら、ゾンビの存在を子供たちに気づかれないようにするという、非常に大変なお仕事を任されてしまいました。

彼女がそれを成し遂げれば、その年の最優秀教師になれるでしょう。今全米で大注目のジョシュ・ギャッドを従えた『リトル・モンスターズ』は、業界に新しい風を吹き込んだバカバカしくも深い作品です。

RUN

女優サラ・ポールソンは、『Mrs.America』、『Ratched』、そして今回の『Run』では、アニーシュ・チャガンティによるスリラー映画に出演し、大活躍している注目している女優です。

『Run』でポールソンが演じるのは、車椅子の娘Chloe(Kiera Allen)の面倒を見る母親Diane Sherman。しかし、この母親がヤバい…。

サスペンス、ミステリー、ホラー、そしてヘリコプター・ペアレントが新たな融合し新たな境地にに到達する様子をどうぞ御覧ください。

ハピエスト・ホリデー

「クリスマス映画って少し中身が薄い。。」なんて思っている人にとって、「ハピエスト・ホリデー」はぜひクリスマスシーズンにみんなで見るべき、最高のクリスマス映画のひとつです。

クリステン・スチュワートとマッケンジー・デイヴィスが演じるのは、ラブラブなカップルである「アビー」と「ハーパー」。ハーパーは、保守的なクリスチャンの家族に対して自分のセクシュアリティをまだカミングアウトしていません。

冬に食べるクリームシチューのような温かさがありながらも安っぽさは一切なく、オーブリー・プラザ、アリソン・ブリー、ダン・レヴィなどの超絶豪華なキャストに彩られた『ハピエスト・シーズン』は、スマートかつ感情的でパンチのあるクリスマス映画です。

ビッグ・タイム・アドレッセンス

『Big Time Adolescence』は、大人になることの難しさについて、重点的に語られる青春映画です。

ピート・デヴィッドソンが演じるのは、16歳のウブな少年モー。しかし街の不良と仲良くなることで、モーはお酒やパーティーなどで女の子に好印象を与えることなど、新しいことに挑戦していきます。そしてそんな青春を通して様々な教訓を学ぶことになります。

ジョン・クライヤーをはじめとするスマートなアンサンブルが、このエモーショナルな逸品を見事にまとめ上げています。

アイ・アム・グレタ

10代の気候変動活動家、グレタ・トゥンバーグの驚くべきストーリーを記録したドキュメンタリーです。

『I Am Greta」は、スウェーデン議会の外で、気候変動対策のために一人で学校ストライキを行ったグレタさんに密着した作品です。

また、アスペルガーの内気な学生としての彼女の生活も少しだけ紹介されています。この貴重な映像を、スウェーデン人監督のネイサン・グロスマンが確かな手腕で、グレタさんの衝撃的な行動の一挙一動を世界に向けて発信しています。

バッド・ヘアー

偉大なる「フリーバグ」さんがかつて言ったように、「髪はすべて」です。

「Bad Hair」は、その思想をさらに進化させた作品です。80年代を舞台にしたこのホラー風刺映画では、しぶしぶ自分の髪を編み込みをすることに同意した、主人公の若い女性が、周りのために自分のイメージを変えるということに対する結果を受けるような、因果応報を描いています。

不条理な笑いとシュールな空気が同居する『Bad Hair』は、現代社会を風刺した過激な一作です。