令和になったということなので、今回は僕が平成に読んで良かった洋書をまとめます…

というのは単なる建前で、実は友人におすすめの洋書をできるだけ多く教えて欲しいと頼まれたので、それをついでに記事にしてみました。

友人に紹介するということなので、なるべき難解なものや、マニアックなものは避けて選んでいます。

とはいえ、基本的には僕の好みに基づいて選んでいるので、万人ウケはしません。

“僕にとってのド定番”をサクッとしか紹介していないのでご了承ください。

あっちゃん
そもそも平成生まれの僕は平成以外に本は読んでいないわけなのですが、まぁせっかくなので このタイトルでいきます。

起業系

自分がずっと起業に興味があったり、実際にやってみた経験があるので、けっこう本も読みました。

今回は”必読”と言えるほどの定番を紹介します。

Lean Startup

筆者

Eric Ries

概要

Eric Ries defines a startup as an organization dedicated to creating something new under conditions of extreme uncertainty. This is just as true for one person in a garage or a group of seasoned professionals in a Fortune 500 boardroom. What they have in common is a mission to penetrate that fog of uncertainty to discover a successful path to a sustainable business.

コメント

あっちゃん
これも言わずとしれた起業のバイブル。

Lean(無駄のない)なスタートアップ論について平易な英語で優しく説明してくれています。4回くらい読みました。

Traction

筆者

Gino Wickman

概要

Do you have a grip on your business, or does your business have a grip on you? All entrepreneurs and business leaders face similar frustrations—personnel conflict, profit woes, and inadequate growth. Decisions never seem to get made, or, once made, fail to be properly implemented. But there is a solution. It’s not complicated or theoretical.

コメント

あっちゃん
インターン先の社長とシリコンバレーに行ったときに、現地でガイドをしてくれた社長さんから教えてもらった一冊。

シリコンバレーではLean Startupに並ぶバイブルらしいのですが、日本ではあまり知られていないようです。

起業に必要な要素を6つに絞ってEOS(Entrepreneual Operating System)という概念として紹介しています。

普通に面白かった。

INSPIRED

筆者

Marty Cagan

概要

How do today’s most successful tech companies—Amazon, Google, Facebook, Netflix, Tesla—design, develop, and deploy the products that have earned the love of literally billions of people around the world? Perhaps surprisingly, they do it very differently than the vast majority of tech companies. In INSPIRED, technology product management thought leader Marty Cagan provides readers with a master class in how to structure and staff a vibrant and successful product organization, and how to discover and deliver technology products that your customers will love—and that will work for your business.

コメント

あっちゃん
これもシリコンバレーでは有名な一冊。僕が起業したいと思った時に最初に読んだものです。

主に成功するプロダクトの条件や、プロダクトマネージャーという仕事の概要、また強いプロダクトチームの実状などについて具体例を用いて説明しています。

スタートアップやPMをやりたいなら入門書として読んでおくべきだと感じます。

Influence

筆者

Robert B Cialdini PhD

概要

Influence, the classic book on persuasion, explains the psychology of why people say “yes”—and how to apply these understandings. Dr. Robert Cialdini is the seminal expert in the rapidly expanding field of influence and persuasion. His thirty-five years of rigorous, evidence-based research along with a three-year program of study on what moves people to change behavior has resulted in this highly acclaimed book. You’ll learn the six universal principles, how to use them to become a skilled persuader—and how to defend yourself against them.

コメント

あっちゃん
インターン先の社長が後輩におすすめしていたので読みました。

人に影響を与える6つの原則(consistency, reciprocation, social proof, authority, liking, and scarcity)について説明してます。集客や物販をしていた時にこの本に書かれていたことがとても役に立ちました。

Think and Grow Rich

筆者

Napoleon Hill

概要

Think and Grow Rich has been called the “Granddaddy of All Motivational Literature.” It was the first book to boldly ask, “What makes a winner?” The man who asked and listened for the answer, Napoleon Hill, is now counted in the top ranks of the world’s winners himself. The most famous of all teachers of success spent “a fortune and the better part of a lifetime of effort” to produce the “Law of Success” philosophy that forms the basis of his books and that is so powerfully summarized in this one.

コメント

あっちゃん
著者のナポレオン・ヒルが、鉄鋼王カーネギーの発案に乗って、20年間無報酬で「成功哲学」を徹底的に研究し、カーネギーが見込んだ500人をインタビューしながら、彼らが成功していく過程を子細に追視。そこに共通する“思考”と“やりかた”を体系的にまとめた一冊。

名著。

ソーシャルグッド系

いわゆるソーシャルグッド系の洋書です。

もともと企業と社会の関わりに興味があり、留学時代にはソーシャルビジネスやCSRの授業を履修していた為、この辺の分野の本はけっこう読みました。

ここではソーシャルビジネス、サステイナビリティー、経済モデル、国際協力の分野に関する書籍を選んでいます。

Creating a World without Poverty

筆者

Muhammad Yunus

概要

In the last two decades, free markets have swept the globe. But traditional capitalism has been unable to solve problems like inequality and poverty. In Muhammad Yunus’ groundbreaking sequel to Banker to the Poor, he outlines the concept of social business—business where the creative vision of the entrepreneur is applied to today’s most serious problems: feeding the poor, housing the homeless, healing the sick, and protecting the planet. Creating a World Without Poverty reveals the next phase in a hopeful economic and social revolution that is already underway.

コメント

あっちゃん
留学前、トビタテ留学ジャパンの応募書類を作成している時に読んだ一冊です。

僕はマイクロファイナンスに対しては少し懐疑的な部分もあるのですが、それを抜きにしても、ユヌス氏のオプティミズムや、学者離れした起業家精神には感銘を受けました。

Social Entrepreneurship:What Everyone Needs to Know

筆者

David Bornstein

概要

In development circles, there is now widespread consensus that social entrepreneurs represent a far better mechanism to respond to needs than we have ever had before–a decentralized and emergent force that remains our best hope for solutions that can keep pace with our problems and create a more peaceful world.

コメント

あっちゃん
留学先のでかすぎる図書館にテンションがぶち上がって読んだ一冊。

NPOとの比較や、歴史的背景の説明を通して、抽象的なソーシャルビジネスという概念の見方を示してくれています。ソーシャルビジネスとは何なのかを理解するには最適な一冊です。

The Ecology of Commerce

筆者

Paul Hawken

概要

The world has changed in the seventeen years since the controversial initial publication of Paul Hawken’s Ecology of Commerce, a stirring treatise about the perceived antagonism between ecology and business. Yet Hawken’s impassioned argument—that business both causes the most egregious abuses of the environment and, crucially, holds the most potential for solving our sustainability problems—is more relevant and resonant than ever.

コメント

あっちゃん
これもSastainabilityの教授にオススメされて読みました。

ビジネスが環境に対して持つ様々な影響について詳細に書かれています。あるべき姿と現状の差分を様々な例えを用いて説明してくれるので、感動しっぱなしでした。

The Theory of Moral Sentiments

筆者

Adam Smith

概要

Best known for his revolutionary free-market economics treatise The Wealth of Nations, Adam Smith was first and foremost a moral philosopher. In his first book, The Theory of Moral Sentiments, he investigated the flip side of economic self-interest: the interest of the greater good. Smith’s classic work advances ideas about conscience, moral judgement and virtue that have taken on renewed importance in business and politics.

コメント

あっちゃん
これはPolitical Economyの課題図書。

国富論はよく読まれてるけど、道徳感情論は無視されがち。でもアダムススミスが一番力を入れて書いたのはこっちなんですよね。経済学に興味ある人はおすすめです。

From Uneconomic Growth to a Steady-State Economy

筆者

Herman E Daly

概要

In this important book, Herman E. Daly lays bare the weaknesses of growth economics and explains why, in contrast, a steady-state economy is both necessary and desirable. Through the course of the book, Daly develops the basic concept and theory of a steady-state economy from the 1970s limits to growth debates. In doing so, he draws on work from the classical economists, through both conflicts and agreements with neo-classical and Keynesian economists, as well as recent debates on uneconomic growth. Editorial-style policy essays substantiate.

コメント

あっちゃん
Economicsの授業で仲良くなった子に教えてもらった一冊。

定常経済学のバイブル。もうめちゃくちゃおもしろいけど、経済学の知識がないとちょっとむずかしいかもです。

Corporate Social responsibility

筆者

Andrew Crane

概要

As a relatively young subject matter, corporate social responsibility has unsurprisingly developed and evolved in numerous ways since the first edition of this textbook was published. Retaining the features which made the first edition a top selling text in the field, the new edition continues to be the only textbook available which provides a ready-made, enhanced course pack for CSR classes.

コメント

あっちゃん
これ実はCSRの授業のテキストです。

CSRという概念の理解や、実際のアプリケーション、などについて豊富な実例とともに網羅的にかかれています。特に、今の社会にCSRが必要な理由、ステークホルダーセオリーについて、CSVとの違い、などがめっちゃ面白かったです。

Development as Freedom

筆者

Amartya Sen

概要

Freedom, Sen argues, is both the end and most efficient means of sustaining economic life and the key to securing the general welfare of the world’s entire population. Releasing the idea of individual freedom from association with any particular historical, intellectual, political, or religious tradition, Sen clearly demonstrates its current applicability and possibilities.

コメント

あっちゃん
宇沢弘文さんに並んで僕が本当に大好きな経済学者である、アマルティア・センのマイルストーンです。

開発とは、「尊厳ある人間それぞれが兼ね備えている本質的自由を増大させるプロセスである」という本質的な命題について議論しています。アマルティア・センは本質的な経済学や国際協力の意義について、何度もクリティカルな問題提起しているので、国際協力に興味のある人は彼の論文は要チェックです。

自己啓発系

続いては自己啓発系です。

大局観を養ってくれたり、人生の生き方のヒントになるような書籍をピックしてます。

こちらもド定番ばかりです。

Rich Dad Poor Dad

筆者

Robert T Kiyosaki

概要

April 2017 marks 20 years since Robert Kiyosaki’s Rich Dad Poor Dad first made waves in the Personal Finance arena. It has since become the #1 Personal Finance book of all time… translated into dozens of languages and sold around the world. Rich Dad Poor Dad is Robert’s story of growing up with two dads — his real father and the father of his best friend, his rich dad — and the ways in which both men shaped his thoughts about money and investing. The book explodes the myth that you need to earn a high income to be rich and explains the difference between working for money and having your money work for you.

コメント

あっちゃん
いわずとしれた資本主義社会で成功するためのバイブル的一冊です。

ただ、個人的にはRich Dadは存在しないんじゃないかなんて思ってます。。

How to Win Friends & Influence People

筆者

DaleCarnegie

概要

YOU CAN GO AFTER THE JOB YOU WANT…AND GET IT! YOU CAN TAKE THE JOB YOU HAVE…AND IMPROVE IT! YOU CAN TAKE ANY SITUATION YOU’RE IN…AND MAKE IT WORK FOR YOU!

コメント

あっちゃん
当たり前のことを当たり前にやることの難しさを痛感させられた一冊。

人間関係を円滑にするポイントや、人の動かし方について、筆者の実体験を交えながら丁寧に書かれています。これもビジネスマンなら誰でも知ってるバイブルです。

Beyond Good and Evil

筆者

Friedrich Nietzsche

概要

After kicking open the doors to twentieth-century philosophy in Thus Spake Zarathustra, Friedrich Nietzsche refined his ideal of the superman with the 1886 publication of Beyond Good and Evil. Conventional morality is a sign of slavery, Nietzsche maintains, and the superman goes beyond good and evil in action, thought, and creation.

コメント

あっちゃん
ニーチェです。これは正直かなり難解だったので、毎日2ページくらいに分けて3ヶ月かけて読みました笑

神、本能、理性、権力、自己、などについてのパラドキシカルかつ論理的な解釈は興味深かったです。

Sapiens

筆者

Yuval Noah Harari

概要

Fire gave us power. Farming made us hungry for more. Money gave us purpose. Science made us deadly. This is the thrilling account of our extraordinary history – from insignificant apes to rulers of the world. Earth is 4.5 billion years old. In just a fraction of that time, one species among countless others has conquered it: us. In this bold and provocative book, Yuval Noah Harari explores who we are, how we got here and where we’re going.

コメント

あっちゃん
アメトークでも紹介されていましたね。もうめちゃくちゃおもしろいです。

Homodeus21 Lessons for the 21st Centuryいった続編も合計1500P超ありましたが、全部読んでしまいました。内容の割に英語も平易です。

Predictably Irrational

筆者

Dan Ariely

概要

Why do smart people make irrational decisions every day? The answers will surprise you. Predictably Irrational is an intriguing, witty and utterly original look at why we all make illogical decisions. Why can a 50p aspirin do what a 5p aspirin can’t? If an item is “free” it must be a bargain, right? Why is everything relative, even when it shouldn’t be? How do our expectations influence our actual opinions and decisions? In this astounding book, behavioural economist Dan Ariely cuts to the heart of our strange behaviour, demonstrating how irrationality often supplants rational thought and that the reason for this is embedded in the very structure of our minds.

コメント

あっちゃん
経済学に対してめちゃくちゃ懐疑的だったときに出会った一冊。

行動経済学のベストセラーです。

 

以上です!

本当はもっと一冊ずつ詳細に紹介したかったのですが、ちょっと大変なのでそれはこれからゆっくりとやっていきます。

以下、おまけです。

おまけ(Webでのインプット法)

実は自分の英語のインプットは7割がWebです。

なのでせっかくなので自分がどうやってWebでインプットしてるのかを軽く紹介します。

PDFを読む

実は世の中の記事や書籍はPDF化してWeb上に出回っていることが多いです。

なので、”自分が興味を持った著者や記事名”➕”pdf”で検索すれば、結構な割合でPDFが出てきます。

それをPCに落とすなり、Kindleに送るなりすれば無料で良質な英語を手に入れることができます。

PDFをKindleでキレイなフォーマットで読む方法は以下の記事からどうぞ

【3分でできる】KindleをPDFに変換して読む超カンタンな方法

2019.01.02

※中には違法にアップロードされているPDFもあるため、そこは自分で見極めてください。

世界銀行のレポート

世界銀行やUnicefといった国際機関には、超良質なレポートが頻繁に更新されています。

市場調査や、大きな視点からのインサイトを得たいときにはこういったレポートを活用します。

Feedly

FeedlyというRSSにお気に入りのWebサイトを登録することで、わざわざサイトへアクセスしなくても、更新情報や新着情報をチェックすることができます。

つまりFeedlyを使えば、登録したメディアが更新されるたびに、自動で記事を集めてきてくれるので、Feedlyひとつで複数個のメディアをかんたんに見ることができます。

僕はFeedlyを使って60個のメディアを一気に見ています。

以下お気に入り。

  • SSIR: Collective Impactなど社会的バリューに関する記事
  • Tech Crunch: スタートアップのアナロジー
  • MIT Technology Review: 最新の技術や大局観など
  • Wired: 分野を問わず、未来について語るメディア

SNS

英語インプットのツールとしてTwitterもよく利用しています。

自分が好きな実業家やアーティスト、ニュースメディアや企業をフォーローして、毎日流し読みしています。

自分が好きな人や団体が直接つぶやいた内容を読むことができるので、楽しく苦なく英語を一気読みすることができます。

また興味深い記事が時々シェアされることもあるので、そこからも新しい英語多読の教材を得ることができます。

【中毒になる?】英語多読が無料でできるリーディング教材5選

2019.01.03

まとめ

以上です。

ちょっと乱暴かつ個人ブログっぽい記事になってしまいましたが、すこしでもお役に立てれば嬉しいです。

ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

Acchan

TOEIC300点から英語学習をスタート。開始から3ヶ月間でTOEIC850点を取得し、現在はTOEIC満点。米国ビジネススクールに一年間留学し、CSR・CSVの研究を行う。 TOEIC990点 →プロフィールを読む