最近職場の先輩から、「シリコンバレー」というドラマを教えてもらったのですが、これがめちゃくちゃ面白い!!

シリコンバレーの起業家の苦難と歓喜の螺旋を、最高にマニアックでギークな笑いに昇華しています。

現在Amazon Prime Videoで放映中なのですが、教えてもらってからたったの2週間で、シーズン5までの40話を一気に見てしまいました。

このドラマに費やした時間は1200分、約20時間ですが、これはそれくらいの時間を使ってもいいと思えるほど面白い内容となっていました。

あっちゃん
今回はなぜ私が「シリコンバレー」にハマってしまった理由を5つに分けてお話していきます。
※ネタバレは最小限に抑えています

 

シリコンバレーの簡単なあらすじ


シリコンバレーはオタクなエンジニアのリチャードが、自分が開発したデータ圧縮技術を活用して「Pied Piper」という会社を起業し、夢を叶えるために奮闘する姿を描いたコメディドラマです。

コメディではありますが、海外の評論を見る限り、描かれている内容は実際のシリコンバレーの雰囲気に近く、面白いだけでなくてシリコンバレーのリアルを知ることができます。

あのビル・ゲイツも、シリコンバレー理解したい人におすすめするほどのリアルさです。

このドラマを見れば

  • シリコンバレーのリアルを知れる
  • ギークなジョークにゲラゲラ笑える
  • 起業を目指すならインスピレーションを貰える

と、一石三鳥な名作です。

以下話題になったTwitterです。

そして2019年8月現在、ついにシーズン6の公式トレーラーが公開されました!

世間を騒がせているfacebookやGoogleなどを始めとするデータプライバシーについて、議会で証言を求められるシーンから始まります。

この辺のホットな話題を無視せずにしっかりと本作に盛り込んでくる辺りさすがHBOですね。シーズン6の公開日は10月27日です!

あっちゃん
それではシリコンバレーがなぜ面白いのかを順番に説明していきましょう。

ドラマ「シリコンバレー」が面白い理由① 実際のIT起業への知見を得られる


シリコンバレーは、一人の起業家であるリチャードが、はじめての資金調達からシリーズBまでの流れを描いています。

もちろん誇張されたり、面白おかしくもじっている部分はたくさんありますが、それでもシリコンバレーで起業する大まかな流れを知ることが出来ます。

  • 資金の調達法
  • 人の雇い方
  • プロダクト開発の手順
  • シリコンバレーでのタブー

などなど、たくさんのことを学べます。

一見関係なさそうな一つ一つの事象が線でつながって、思わぬ結果を呼ぶ時にはいつも「ハッ」とさせられます。

そのお得感がいい。

これを公開させてくれたAmazonありがとう。

あっちゃん
ちなみにこのドラマでディスられていないシリコンバレーの大企業はAmazonだけです。

ドラマ「シリコンバレー」が面白い理由② 超個性的なキャラクター

characotrs
シリコンバレーの2つ目の見所は、超個性的なキャラクター達です。

基本全員が思い切り尖っていて、どこかに人間としての欠陥があります。

今回は主要なキャラクターを紹介するので、その片鱗を感じ取っていただければと思います。

リチャード

リチャード
主人公
  • 天才エンジニア
  • 気弱でストレスを感じるとすぐに吐く
  • ビジョナリーで自分の技術を信じている

まずは「シリコンバレー」の主人公、リチャードです。

リチャードはスタンフォード大を中退し、シリコンバレー最大の大手企業である「Hooli」でエンジニアとして働きながら、自分で音楽ストリーミングサイトを構築していました。

そんなある日、彼が開発したデータ圧縮技術が突然大きな注目を集め、勤務先であるHooliに1000万ドル(約11億円)で買収の話を持ちかけられます。

自分の人生を決める決断を迫られ、ストレスのあまりに吐きまくる彼ですが、最終的には買収の話は断って、その技術を使って自分で起業する道を選び、

という会社を立ち上げます。

それから仲間とともに理想のために、愚直にがんばるリチャードの姿からは強いインスピレーションを受けました。

あっちゃん
でもほんとすぐに吐きます。

ギルフォイル

ギルフォイル
  • 悪魔の信仰者(サタニスト)
  • 凄腕のデータアーキテクト
  • アーキテクトでアナーキスト

僕が一番好きなキャラが、Pied Piperのデータアーキテクト(データベースを管理・構築する人)ギルフォイルです。

彼はサタニスト(悪魔の信仰者)で、腕には逆さまの十字架のタトゥーが彫られています。

サタニストっていうくらいなので恐れるものが無く、どこの誰に対しても真顔で辛辣なブラックジョークを連発します。

それが社会や個人の欠陥を的確に皮肉っていて、めっちゃ面白いです。

ギルフォイルは常に冷静沈着で、会社がやばい時でも真顔は一切崩しません。

あっちゃん
凄腕のデータ管理者として、難しい仕事を淡々とこなす姿は渋いです。

ディネッシュ

ディネッシュ
  • 女性経験少なめ
  • 器が小さい
  • ギルフォイルに勝ちたい
  • プログラミングの腕は確か

ディネッシュはパキスタン人で、Pied Piperのバックエンドエンジニア(サイトの機能を作る人)を担当しています。

エンジニアとしてはとても優秀なのですが、超ナルシストで基本女性にはモテず、女性経験も少ないです。

それをコンプレックスに思っており、どうにかして自分の自尊心を高めようと、高い車を買ったり、アクセサリーを付けたりしてみますが、全てギルフォイルの皮肉の対象となってしまっています。

そしてギルフォイルに対して強いライバル心を抱いており、事あるごとに張り合いますが、いつも負けてしまいます。

あっちゃん
ディネッシュをみていると、こんな男にはなりたくないと、良い反面教師になります。

アーリック

アーリック
  • Pied Piperの株主
  • 傲慢で野心家
  • 超感覚派
  • 常にパイプ吸ってる

アーリックはPied Piperのメンバーに住むところや資金を提供していたインキュベーターです。

性格は傲慢で欲張りな野心家で、常に自分がのし上がる機会を伺っています。

見た目は豚みたいな感じなのですが、自分なりの美意識のようなこだわりを持っているようで、それが上手く噛み合ったときにはすごいパフォーマンスを発揮します。

Pied Piper唯一の感覚派、自称スティーブ・ジョブス系です。

稼いだ金は医療用マリファナにつぎ込んで自宅のプールでスパスパ吸ってます。

あっちゃん
留学時代のルームメイトがこんな感じの見た目でした。

ジャレッド

  • リチャードの女房役
  • 真面目だけどどこかズレてる
  • 内に秘めたる物に注目
  • 怖い

ジャレッドは元ギャビンの右腕でしたが、リチャードに惹かれたのをキッカケに、大企業でのエリート街道を捨ててPied Piperに初期メンバーとしてジョインしました。

ジャレッドは超真面目で、他のぶっ飛んだメンバーの支離滅裂な行動の尻拭いを文句も言わずに行っていました。

愛社精神も強く、倫理観にも優れ、Pied Piper唯一の常識人であるといえるでしょう。

しかし、ダークな一面も持ち合わせており、それがけっこう怖いので注目してください。

あっちゃん
ジャレットも僕のお気に入りキャラです。彼が使ってるSurfacebookがめちゃかっこいいです

 

ギャビン

  • 大企業「Hooli」のCEO
  • サイコパス系経営者
  • 実は繊細で孤独
  • Pied Piperを潰したい

ギャビンはシリコンバレー最大の企業「Hooli」の創設者、CEOです。

リチャードのデータ圧縮技術の買収を断られたことをキッカケに、あの手この手でPied Piperの邪魔をしてきます。

Hooliをシリコンバレー最大の企業にまで成長させましたが、心は全く満たされず、非合理的な行動を繰り返します。

あっちゃん
ギャビンはまさに駄目な経営者の典型的な例で、見ていてとても勉強になります。

他にも個性的で面白いキャラがたくさん

メインキャラ以外にも、個性的なキャラクターはたくさんいるので、是非チェックしてみてください。

ドラマ「シリコンバレー」が面白い理由③ 超マニアックなジョーク

ジョーク
シリコンバレーはHBOが制作しているということもあり、シリコンバレーの世界観が非常に緻密に表現されています。

それはジョークに関しても例外ではなく、非常にマニアックでギークなジョークが大量に盛り込まれているのです。

あっちゃん
ITやテクノロジーが好きな人ならわかるハイセンスな笑いです。
※以下ネタバレを含んでいます

プログラマーの群れ

ギャビン: “It’s weird. They always travel in groups of five. These programmers, there’s always a tall skinny white guy, a short skinny Asian guy, fat guy with a ponytail, some guy with crazy facial hair and then an East Indian guy. It’s like they trade guys until they all have the right group.”

HooliのCEOギャビンが、シリコンバレーで見るプログラマーの集団ついて言及している場面です。

ここではなぜプログラマーは

  • 長身でガリガリな白人
  • 低身長でガリガリなアジア人
  • 太ったポニーテール
  • 顔が毛むくじゃらなヤツ
  • 東インド系

の5人組で行動するんだ?

と、シリコンバレーでよく見る日常を風刺しています。

エンジニア集団
あっちゃん
これを聞いた時は、「ぽいなー笑」とにやにやしました。個人的に好きなジョークです。

800人の男性を最も効率よく昇天させる数学

“Yeah, so what we’re trying to do, hypothetically, is minimise time, which is 800 dudes, multiplied by mean-jerk time, divided by four dicks at a time. Of course, Erlich would have to pre-sort guys by height, so that their dicks lined up.”

これはPied Piperがビジネスコンテストに出場していた時のこと。

決勝前日に技術的に絶対に優勝できないということが発覚し、アーリックが、「優勝するためには800人の観客全員をイカせなきゃ無理だ」と言ったのに対して、全員がやけくそになっていたので、本気で数学的に、「800人を昇天させる最適な方法」について考え始めたシーンです。

日本語訳ははかなり下品なので控えますが、低俗でギークな感じは笑えました。

あっちゃん
下品ですいません。。

うちの製品はどれくらい使いにくい?

“Is this Windows Vista bad? It’s not iPhone 4 bad, is it? Fuck. Don’t tell me, tell me this isn’t Zune bad.” “It’s Apple Maps bad.”

これは、ギャビンが自社製品のユーザーインタビューを行ったときに、製品のウケがあまりにも悪かったので、インタビュワーに対して自分の製品はどれ程悪いのか?というのを、実際に存在するプロダクトを例えに出して聞いている場面です。

Windows Vista、iPhone 4、Zune、そして現存するApple Mapsを完全にイジっています。

あっちゃん
Apple Mapsは普段から使いにくいと思っていたので、非常にツボりました。

ドラマ「シリコンバレー」が面白い理由④シリコンバレーにおける”人種”が学べる


ドラマ「シリコンバレー」では、白人以外の人種、特にアジア人やインド系に対する強い差別的な表現が多数あります。

このドラマを通して問題提起しようとしているのか、それとも制作側が差別的思想にまみれているのかはわかりませんが、中にはけっこう辛辣なものもあります。

特にインキュベーターであるアーリックの家に住み着く中国人起業家のジャン・ヤンは、

  • 超自己中心的
  • 田舎育ちの無知
  • 低俗で礼儀を知らない
  • パクリまくる

といった、中国人に対するネガティブな偏見にまみれた描き方をされています。

またパキスタン系のディネッシュも、

  • ナルシスト
  • 女に持てない
  • 白人(ギルフォイル)には勝てない

といったディピクションが目立ちます。

他にも、シリコンバレーには白人以外に対する差別的な表現がかなりありました。

もちろん、低俗な白人や馬鹿な白人もたくさん登場しますし、仕事ができる洗礼されたアジア人も登場します。

なのでトータルではそこまで不快な気持ちにはなりませんでしたが、人によっては嫌な気分になるかもしれません。

あっちゃん
ちょっとネガティブな書き方になりましたが、私個人的には、ここからいわゆるステレオタイプのステレオタイプを知ることができたので、比較的ポジティブな解釈に落ち着いています。

ドラマ「シリコンバレー」が面白い理由⑤ クサイ恋愛要素が一切ない


シリコンバレーにはアメリカドラマでたまにあるクサイ恋愛は一切ありあせん。

あからさまで目をそむけたくなるようなロマンスもありません。

そこにあるのは夢と欲望にまみれた、コミカルで泥臭い人間らしい物語だけです。

あっちゃん
そこが良い。。。

まとめ

ここまでシリコンバレーが面白い5つの理由を見てきました。

最近見たドラマの中でダントツで面白かったので紹介してみました。

ビジネスやITに興味がある方は楽しんでいただけると思うので、是非見てみてください。

あっちゃん
シーズン6は、2019年10月27日に公開予定です!

ABOUTこの記事をかいた人

Acchan

TOEIC300点から英語学習をスタート。開始から3ヶ月間でTOEIC850点を取得し、現在はTOEIC満点。米国ビジネススクールに一年間留学し、CSR・CSVの研究を行う。 TOEIC990点 →プロフィールを読む