好きなことで勉強するってとてもとても大切です。

ここでも触れてますが、好きなことと英語学習をリンクさせることは、継続的かつ効率的な英語学習にとても効果的なのです。

そして、好きなこととして一番良く例に出されるのが洋楽です。

ここでは洋楽を使った英語学習の

①おすすめの教材
②具体的な勉強法
③効果的である理由

の3つについてお話していきます。

あっちゃん
個人的に洋楽はかなりコスパのいい勉強法だと感じているのでぜひチェックしていってください。

洋楽で英語を勉強するのに最高の歌詞検索のツール | Genius

Genius
今回洋楽で英語を勉強するのに最高の歌詞検索ツールとはGenuisです。

アメリカ留学中に、ダンサーの友達から教えてもらったのですが向こうの学生はみんな使ってました。

Geniusの主な機能としては以下のつ

①歌詞検索
②楽曲再生
歌詞の意味の解説

Geniusは簡単に言えば「歌詞検索」のためのサービスで、世界中の様々な曲のリリックをまとめてくれているのですが、Geniusが他のサービスと違うところは③の歌詞の意味の解説の機能です。

歌詞の歴史的背景やアーティストが込めた思いをユーザーが解説してくれる!

洋楽にはたくさんのスラングやイディオムが使われており、言い回しも独特なものが多いです。

そのためどうしてもノンネイティブの僕達には難解です。

しかしGeniusを使えば音楽に精通したネイティブによる歌詞の解説を得ることができます。

例として、Asap RockyとTyler The Creatorのデュオシングルである「Potato Salad」をGeniusで見てみましょう。

上記画像にはPotato Sadadの歌詞が表示されています。

そしてグレーがかった歌詞をクリックすれば、右側にその歌詞の解説が表示されます。

上の画像では歌詞の1つである

So I keep a hight waist and alligator belt

の解説が書かれています。

ついでに解説を簡単にまとめると、

Tyleは流行りのファッションには乗らずに自分のスタイルを持っていて、それに対して冷ややかな反応を見せる人たちを逆に冷やかしている

みたいな感じです。

So I keep a hight waist and alligator belt
なんて言われても正直何のことだかわかりませんよね。

でもGeniusを使えばお気に入りのアーティストが歌詞に込めた想いやその背景を英語で理解することができるのです。

もちろんその殆どは他のユーザーによってまとめられたものなので、それが100%正確だとは言い切れませんが、音楽に精通しているであろうネイティブの解説が得られるのは大きなメリットでしょう。

洋楽を使った英語の勉強法!Geniusを有効活用


洋楽を使えば英語の全ての技能を効率的に楽しく伸ばすことができます。

僕がその中でも特に伸びやすいと感じるのは、
リーディング
リスニング
スピーキング
そして発音です。

僕がGeniusを使って行っている学習は主に2つ

①解説機能を用いた歌詞の読み解き
②歌詞検索を用いた楽曲の丸覚え

それぞれ見ていきましょう。

歌詞の解説を見ながらリーディングの練習

Geniusの歌詞の解説は非常に良質な英語である場合が多いです。

僕はHipHopが好きなので、Notorious B.I.Gの名曲Juicyを使って英語のリーディングの勉強をしていました。

たとえばこの歌詞

Celebrating every day, no more public housin’
Thinkin’ back on my one-room shack

この歌詞の解説は

While not an actual shack, the apartment Biggie grew up in was in the then-dangerous, now-Bougie Clinton Hill section of Brooklyn (then considered a part of Bed-Stuy).

It probably wasn’t very nice back in 1993, but a lot’s changed since then. In 2013, apartment #3L at 226 St. James Place went on the market as a newly-renovated 3-bedroom for $725,000.

このようになります。

自分の好きなアーティストの歌詞とその解説は、自分が興味を持てて、しかも楽しむことができる最高の教材と呼べるでしょう。

僕も暇さえあればGeniusを使って好きなアーティストの好きな曲の好きな歌詞の解説を調べて楽しくリーディングをしていたものです。

洋楽の歌詞でリーディングを学ぶメリットは、通常の単語や文法の練習に加えてスラングやイディオムも勉強できるところです。

ネイティブが日常的に使う、イケてる言葉が洋楽の歌詞には使われているので、ある意味最も自然で最も難しい英語であるといえます。

あっちゃん
一度Geniusで好きな曲を検索して歌詞の解説を見てみてください。必ずいい勉強になるはずです。

②歌詞検索を用いた楽曲の丸覚え

僕がもう一つ行っていたのは、歌詞の丸覚えです。

僕はGeniusを使って2PacのDo For LoveやAnderson ParkのCome Downなどなど十数曲を丸覚えしました。

歌詞を丸暗記する最大のメリットは、英語学習のストレスをゼロにすることです。

まず前提として、洋楽の歌詞も単語と文法の集まりなので、歌詞を丸暗記してしまえば、それらがパターンとして頭に蓄積され、単語力、文法力、リーディング力、リスニング力、ライティング力、スピーキング力のアップに繋がります。

それだけでなく、洋楽を使って英語を勉強すれば、英語の美しいリズムと発音を練習することができます。

確かにこれらはとても大きなメリットなのですがそれよりも大きいのは、それを鼻歌を歌うがことくストレス無しで行えるところです。

気づいたら仕事の帰り道やお風呂の中で丸暗記した洋楽を歌っている自分がいます。

これは実はとても大きなことで、この鼻歌の感覚で生の良質な英語を口に出してアウトプットするというのは、僕の総合的な英語力向上にとてつもない効果を発揮してくれていると感じています。

丸覚えのポイント

丸覚えするポイントは2つ、
歌詞の意味を理解すること
声に出して真似して歌ってみること
です。

すべての曲にはアーティストが伝えたいことが一貫性を持って述べられています。

なので歌詞の意味を理解せずに、音や単語の並びだけだけを覚えて歌詞を暗記するのは効率的とは言えません。

自分が本当に好きな曲が見つかったら、まずはその歌詞の意味を調べて理解した上で暗記していきましょう。

また洋楽なら歌詞という英語の文章にリズムがついているので、リズムと歌詞を結びつけることができれば格段に覚えやすくなります。

あっちゃん
なので実際にアーティストの真似をしながら声に出して歌詞を歌ってみてください。そうすれば発音やリズムの練習ができるだけでなく、英語の歌詞を覚えやすくなります!

洋楽で英語を勉強する方法まとめ


洋楽で英語を勉強するならGeniusはかなりおすすめです。

以上のように、洋楽を使って英語の勉強を行えば、歌詞の解説を通してリーディングの練習ができ、さらに歌詞を丸覚えしてストレスフリーかつ効率的な英語力の向上を狙う事ができます。

あっちゃん
基礎力を身に着けたい方は単語と文法を勉強しましょう。レアジョブのような学習サービスもおすすめですよ:)

END

ABOUTこの記事をかいた人

Acchan

TOEIC300点から英語学習をスタート。開始から3ヶ月間でTOEIC850点を取得し、現在はTOEIC満点。米国ビジネススクールに一年間留学し、CSR・CSVの研究を行う。 TOEIC990点 →プロフィールを読む